Denmark

Copenhagen

いよいよこの旅、というか一応新婚旅行なのだが、最後の国となるデンマークのコペンハーゲンへ。ベルリンへの経由地だったが、再びぐるっと周って戻ってきた。

前回デンマークを訪れたのは2006年の一人旅のとき。ざっと5年前である。一人旅で訪れた国は色々と思い出があるので、どうしてもまた訪れたいという気持ちが常にあった。

自分にとってデンマークという国は、家具・インテリアの国。夫婦そろって大好きなので、ぜひ2人で訪れたいと思っていた。

到着後、電車でコペンハーゲン中央駅へ。すぐにホテルへ向かってチェックイン。人通りが少ない裏地だったので、オスロでの不安が蘇ったが、ここはデンマークだということを自分に言い聞かせた。ホテルの朝食は、毎朝できたてのパンがドアまで届くという変わったスタイルだった。

デンマークでの目的も、やっぱり買い物だ。コペンハーゲン市内にあるデパートMagasin は特にお気に入りで、欲しいものが盛りだくさん。
時間とお金が許せば何時間でもいられる空間なのである。

今回も国鉄エストーに乗ってKlampenborgへ。巨匠アルネ・ヤコブセンの作品が多数点在しているリゾート地、ベルビュー・ビーチへ行ってきた。前回は寒い冬だったが、今回は新緑溢れる季節でとても気持ちがよかった。

滞在は実質1日だけだったのでもっとゆっくりしたかったが、治安も良く訪れやすい国なので、またの機会にしたいと思う。

今回は新婚旅行とは思えないくらいの長旅で大冒険だったが、良くも悪くも様々な経験ができた。こんな旅はもう一生できないだろうなぁ。